車検と新車購入の費用の注意点と特徴をまとめて説明します

新車購入に際して必要な費用は、車両価格だけではなく様々な諸費用が発生します。諸費用の内訳の中でも大きいのは税金関係です。消費税はもちろんのこと、新車の購入では取得税という普通の買い物にはない税金が請求されます。また、1年に1回支払わなければならない自動車税が請求されます。自動税は4月から翌年の3月の1年間分を支払うことになるので、購入時期によって額が違ってきます。さらに通常車検ごとに支払うことになっている自動車重量税や自賠責保険料が請求されます。新車の場合3年分まとめて支払うことになるので、額もかなり大きくなってきます。この他にも各種手数料が発生し、合計すると車両価格の15%前後が諸費用として必要となります。200万円のクルマであれば35万円~40万円となります。

クルマを購入した後もかかる税金

新車購入における諸費用は非常に大きいので、そのことも計算に入れておく必要がありますが、下取りや値引きなどである程度相殺させることができます。そのため買い替えであれば、リセールバリューが高いクルマを所有していると、次のクルマ購入の際に楽になります。クルマを購入したら、後は費用の心配は必要ないかと思えば決してそうではありません。購入後も各種税金やメンテナンス費用、保険料、ガソリン代などさまざまな維持費が発生します。税金に関しては、5月になると自動車税の請求が届きます。自動車重量税と自賠責保険代は車検毎に2年分請求されます。車検費用のうち多くの部分を占めるのが実は税金や保険などの法定費用と呼ばれるものです。このような維持費もきちんと用意しておかないとクルマを乗り続けることができません。

クルマの維持費を抑えるための方法

このようにクルマを所有するというのは、お金がかかるということです。2台、3台と増えるごとに2倍、3倍と増えていきます。そのため維持費を少しでも抑えたいとガソリン代が少なくて済む燃費の良いハイブリッドカーが人気です。ハイブリッドカーは燃料費だけでなくエコカー減税の対象であるために自動車重量税も免税あるいは減税の対象となっています。また車検の際には、業者間の費用を比較して少しでも安い費用でできる業者を選ぶ人も少なくありません。一般的にディーラーよりも民間の自動車整備工場やガソリンスタンドなどのほうが、費用が安く設定されています。整備内容も必要なことはきちんと行ってくれるので得意心配することはないでしょう。大手のチェーン店なども安さと信頼性の点でおすすめです。