車検と新車購入の費用にまつわる注意点を詳しく解説

日本には、車の整備不良でトラブルを起こすことは滅多にありません。これにはそれなりの理由があります。ひとつは、点検整備が法定化されているからです。1年点検は義務化されているため、これを毎年受けて不良の部分があればその部分を交換し、新しいパーツを取り付けることで故障の原因になる部分を事前になくしていくことができます。また、車の質が高いのも理由の1つになります。世界の中でも日本車は優れた技術を持っており壊れにくいとされていますが、それ故故障する確率は低くなります。また、日本に入ってきている外車も、世界的に有名な会社ばかりです。逆に故障の多いメーカー等は日本に入ってきたとしても購入する人が少なく自然淘汰されるのも理由の1つです。さらにもう一つ理由があるとすれば新車の段階から車検を受けていることです。

どれくらいの費用がかかるのか知っておこう

車検を受ける場合には、お金がかかります。その金額はおおよそ10万円以上になることも珍しくありません。1年点検の場合であれば1万円から2万円程度になります。このように費用が異なるのは、国に対して納めるお金が大きいからです。まず自賠責保険を更新しなければならないため、そこにお金がかかります。この自賠責保険はとても重要なもので、もし自賠責保険に加入していなければ、アクシデントを起こして相手を負傷させた場合などに相手に対して全額自費で払わなければならなくなります。そうすると、一生そのためだけに働くことになりかねません。そのため法律では、新車の段階から自賠責保険の加入を強制しています。次に、重量税がかかります。重量税は名前の通り重さによって税金が異なります。例えば普通自動車と大型自動車ではそこにかかる税金が異なってきます。最後に印紙代がありますが、これらを含めると、普通自動車であればおよそ4万円位になるでしょう。

新車は古い車に比べるとその費用が安い

車検を受けるときには、様々な理由で料金が異なりますが、古い車と新しい車では新しい車の方が安くなりやすいです。その理由はいくつかありますが、1つは点検を行った時に新しい車の方が壊れている確率が少ないからです。車は10年間乗り続けるとなんらかのパーツを交換しなければならなくなります。普通自動車であればタイヤは4本で5万円程度、バッテリーはおよそ1万円程度になりますので、それらを車検のたびに交換しなければならないとすれば大きな負担になるでしょう。そのような理由から、古い車ほど費用が高くなります。また、13年を超えた車は重量税が高くなります。この理由を明確にされていませんが、およそ1万円位は高くなるのが一般的です。重力税とパーツ交換で、新車の方が13年を超えた車よりも最終的に数万円の費用が安くなると考えられます。