誰もが知りたい新車購入と車検の費用の注意点とは

昔、とてもよく流行した言葉に、新社会人になったらすぐに新しい車を手に入れたい、そしてドライブに行きたい、このような流行り言葉が流行したことがありました。現在でも、新しい車を購入すると、日常生活がとてもわくわくと楽しいものに見えると同時に、つい、ご家族や親友、恋人などを乗せてドライブに行きたいという方が多いものです。また同時に新しい車で通勤などを行うと景色が異なって見えるものです。さてその一方で、車を維持するのに、避けて通れないものが車検などであり、こうした費用がかかることから、車を持っているということは、一種の社会的なステータスのようにもなっています。では、新しい車を購入する際にはいくらほどかかり、また費用などの注意点とはどのようになっているのでしょうか。

新車購入の費用はいくらくらいなのか

新車を購入する際にあたっては、その購入する車が軽自動車か、それとも普通自動車か、またはとても高級な外車などであるのかによって、金額はかなり異なってきます。最も多く、地方などで売れているとされている車、若者が新卒ですぐに購入する車には軽自動車が多いとされていますが、それでも値段は、おおよそ軽自動車で150万円前後は必ず必要になる、とされています。これは、一方で、普通自動車でもワゴンなどの家族用の車などに関しては、およそ300万円前後であり、高級車ともなると600万円などの新車も決して珍しくありません。そのため、どうしても車が必要であるものの、お金が追いつかない方の場合には、中古車を買う方もおられるなど、この点は個々人様によって様々となっています。

車購入時と車検のタイミングの注意点

よく、新しい車を手に入れた後に、すぐにその車を手放し、また新しい車を購入するという方もおられます。傍から見れば、贅沢なことだと思われがちですが、これには理由があり、車検のタイミングなどがあるために、車を手放すというケースがあるのです。新車の場合には、基本的に数年は必要ありません。しかし、年を経過するごとに、車にもトラブルが生じるようになってくることから、車検にかかる費用は必然的に年々と増加していくことになります。例えば13年ほど乗った車であれば、色々な個所にエラーが出てしまっていることなどがあり、点検費用だけでも20万円を超えるケースも珍しくありません。こうしたことから、点検にお金をかけるくらいなら、新しい車を購入し たい、という心理が働くとされています。