新車購入と車検の費用はいったいどれくらい

新しい環境になると、車が必須となる人も少なくありません。特に、地方などに来られた方の場合には、地方では交通網が完全に発達していないという地域もあるため、車が必須となることもあります。また、車がないと生活が出来ない他、買い物などにも行けないケースなどもあるため、とても助かる乗り物が車となっています。せっかくなので、新車を購入したい、という方が多いものですが、新車購入の最低の目安としては、軽自動車かそれとも普通自動車であるのか、といった点でも異なってきます。また、税金なども軽自動車と普通自動車では、違ってくるため、後々のことも考えて軽自動車にするのか普通自動車にするのかを悩む方もおられます。おおよそ、いくらくらいの費用がかかるの でしょうか。購入と車検でもその違いは異なっていますので、下記で見ていきます。

軽自動車の場合の新車購入と車検の金額

軽自動車の場合には、おおよその目安としては、100万円以上は最低でもかかるということになります。これは、お店などで、完全に新しい車を購入する際にかかる金額ということになり、新古車の場合などには異なってきます。そのような場合には、展示されている新古車のお店などで金額を見れば分かりますが、おおよそ100万円はかからないほど安いケースが多いです。まったくの新しい車の場合、誰も今まで試乗していないものの場合には100万円以上が必要であり、同時に、そこに保険なども加わること、また地域によっては雪道などを走ることもあるため、こうした設備なども加えると200万円あれば、軽自動車であっても、かかることがあります。また、点検の際の金額ですがこちらは10年以上も大切に乗る際には、おおよそ20万円ほどかかることも珍しくありません。また、場合によっては30万円以上かかることもあります。これはその車の状態によります。

普通自動車の場合の新車購入と車検の金額

普通自動車の場合には、購入金額も軽自動車より高くなる、と思われがちですが意外にも、それほど高くない車もあります。これは、かなりの高級車を除いての話しですが、車の種類によっては、軽自動車とほとんど用意するお金が変わらず、200万円を準備しておけば、十分に買える車もあります。一方で、大きなタイプの8人乗りなどの車の場合には、300万円以上がかかることもよくあります。そして、海外などで出されているかなりの高級車の場合には、まったくの新しい車である場合には1000万円以上かかる、ということも決して珍しくありません。さて、それでは点検の際の費用ですが、こちらは軽自動車よりも高いことが多いです。そのため、30万円以上がかかることもあります し、場合によっては、新しく車を購入してしまった方が良いほど、お金がかかることもあります。こちらも距離などや年数によって様々になりますが、基本的に軽自動車よりも高くなることの方が多いと言われています。